塗り替えの時期について | 古河塗装 | 神奈川県横浜市戸塚区にある外壁塗装専門店

塗り替え時期早見表

新築時にはピカピカで汚れひとつなかった外壁も、時間が経てば汚れて傷みはじめます。
雨、風、紫外線……常に外界にさらされている塗料の効果は、残念ながら永久に続くものではありません。

外壁塗装の本当の役割は、住まいの見た目を美しくすることではなく、雨・風・紫外線などから建物を守ること。
塗装が傷んで劣化してしまうと、建物そのものに傷みが及んでしまいます。
外壁塗装のタイミングが遅かった――ただそれだけで、大切なわが家の寿命が縮んでしまうことになります。

とはいえ、まだまだ塗装が丈夫な時期に繰り返し施工するのも家計のムダ。
「一体どのタイミングにすればいいの?」という方に、目安となる塗替え時期をご案内します。

※目安表はあくまで目安です。
建物や使用している塗料によって一番いい時期は違うので、確実な判断をするのであれば施工業者などにお尋ねください。

塗替え時期とサイン

  • 外壁

    外壁

    築:7~10年

    雨・風・紫外線の影響で傷んできたら、早めに塗替えを。
    塗料によっては10年以上長持ちするものもあるので、ご自宅の気候条件などをふまえて選びましょう。
    色あせ・触ったときの粉の付着・ヒビ割れ・カビなどが起こったら、早めに塗替えましょう。

  • 屋根

    屋根

    築:5~8年

    一番傷みやすいのが屋根!
    全体的な傷みはなくても、部分的な傷みが見られたら施工どきです。
    反り、変色、コケ、塗料の剥がれが発生したら早めに塗替えましょう。

  • 鉄部

    鉄部

    3~5年に一度

    鉄部では錆びや剥がれが起こります。
    放っておくと、除去とリフォームに大きなコストがかかります。

  • 木部

    木部

    3~5年に一度

    雨などにより劣化が進むと、表面がポロポロ剥がれて腐食し、シロアリの発生や雨漏りの原因になります。

  • 防水

    防水

    5年に一度

    室内にうっすらとシミができたり、目地にヒビが入ったり、カビや藻が発生したり、雨漏りが起こったりしたら要注意です。